グループ面接でひときわ光る美しい立ち振る舞い

採用試験の面接では入室から退室まで美しい立ち振る舞いができることで面接官に良い印象を持ってもらえます。
エアネットセミナーでも美しい立ち居振る舞いが身につく面接対策初級は大人気です。

立ち居振る舞い *背筋を伸ばして姿勢を良くします。
*顔は下げずに相手としっかり視線を合わせます
(あまり上を向きすぎないようアゴは少しひきます。
視線はやさしさを込めて)。
*足はかかとをくっつけます。
*足と足の間がなるべく開かないように、おしりに力を入れて立ちましょう。
*手は前で軽く合わせます(指先まで揃えましょう)。

立ち居振る舞い

O脚など足と足の間が開いてしまう場合

*片足をまっすぐにして、もう片方の足を引きます
(この時引いた方の足は少し開きます。)

座っているときもきれいな姿勢を心がけて面接官の印象アップ!

美しい座り方 *背筋を伸ばして座ります。
*背もたれにはもたれないようにしましょう。
*両足は揃えて前に出すと美しく見えます。
*手はももにかるく置いて合わせます。
指先まで意識を向けましょう。

おじぎは感謝の気持ちをこめ、挨拶やお礼の言葉ははっきりと。
お辞儀には会釈、敬礼、最敬礼の3種類があります。
TPOを考え、その場にふさわしいお辞儀の仕方を使い分けましょう。

<美しいお辞儀とは>
*まず相手をしっかりと見ます。このとき、笑顔で!無表情でしっかり見ても、
面接官は怖がるだけですよ!
*「よろしくお願いいたします」「ありがとうございました」など挨拶は大きな声ではっきりと伝えましょう。
*背筋を伸ばしたまま腰から曲げていきます(頭から曲げないように注意しましょう)。
*上体を倒しているときも、笑顔は欠かさないようにしましょう。
*上体を倒した状態で一呼吸。動作を止めてメリハリをつけます。
*上体を起こす時は下げた時よりもゆっくりとした動作を心がけましょう。
*最後にしっかりと相手を見て、笑顔を向けましょう。

会釈
お辞儀の仕方−会釈


*上体を約15度倒します。
*廊下ですれ違った時など軽いあいさつをする時に使います。

敬礼
お辞儀の仕方−敬礼


*上体を約30度倒します。
*敬礼は最もよく用いられるお辞儀です。
あらたまった挨拶や目上の方と挨拶する時に使います。

最敬礼
お辞儀の仕方−最敬礼


*上体を約45度倒します。
*最敬礼は正式なお辞儀です。
お詫びをする時やお願いをする時に使います。

エアライン業界の面接では、敬礼と最敬礼を状況に応じて使い分ける必要がありますが、
大切なのは

・面接官への挨拶に気持ちをこめること
・動作はエレガントを意識しながらメリハリをつけること
・とにかく練習をすること

…の3つです!
特にふだんお辞儀をする機会がない、という方は家族の方や知り合いの方に練習を見てもらってくださいね!

面接対策セミナー初級・上級 東京・大阪で毎月開催
スカイワールド〜エアネットオリジナルSNS客室乗務員・グランドスタッフ採用情報エアネット接客サービスマナー検定

エアラインスクール・エアネット

東京セミナールーム

東京都中央区銀座7-15-5共同ビル4階 ※2010年8月移転
(日比谷線・都営浅草線「東銀座」6番出口徒歩4分、都営大江戸線「築地市場」A3出口徒歩4分)

大阪セミナールーム

大阪市中央区谷町2丁目1-22フェアステージ大手前ビル3階(京阪電車・地下鉄「天満橋」3番出口徒歩2分)


エアラインスクール エアネット Copyright ( c ) AIRNET All Rights Reserved.